ダイハツ ウェイク

2019/08/30

ダイハツ ウェイク 車中泊

ダイハツが「ひとつ上行く創造空間ウルトラスペース」と呼んでいるウェイクの室内。室内高145.5cm、室内長221.5cmでシートアレンジも多彩なので、キャンピングカーの用途で使う時に重宝しそう。

ダイハツのウェイク発表会では室内にシュラフも用意されており、完全に車中泊を想定していた。

後列シートを倒した時の荷室長さは130cm。この時点で傾斜が出来るが、人が寝るためには前列シートを倒す必要がある。

人が寝るためのベッドとして使えるのはフラットラゲージモード、フルフラットモード、ロングソファーモードの3種類。

フラットラゲージモード
フラットラゲージモード

フルフラットモード
フルフラットモード

ロングソファーモード
ロングソファーモード

フラットラゲージモードやフルフラットモードでは段差や傾斜が大きいので分厚いマットが必要となる。車中泊を想定したダイハツ純正アクセサリーのマット(1名分で39,960円)もあるが、それでも傾斜は出来てしまう。

車中泊に向いているのは段差の小さいロングソファーモード。タオル等で2箇所の段差を詰めた上にマットを敷けばかなりイケる。後列の背もたれを倒さないので快適なのは身長170cmくらいの人までだが、分厚いマットを積まずにベッドメイクできるので便利。

素晴らしい室内高があって荷室下などの収納も多いので、シートがフラットにならないこと以外は高得点。

→ダイハツ ウェイクの中古車を探す

参考リンク
公式サイト:ウェイク【ダイハツ】

今乗っている愛車を高く売るなら
一括査定がお勧めです

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?今乗っている愛車を高く売るなら一括査定がお勧めです。

私も一括査定でノートの査定依頼をしてみましたが、高い店と安い店で査定頼が31万円も違いました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。
申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

→かんたん車査定ガイドはこちら

保険見積もりサイトで自動車の保険料を安くする

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いと思います。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

→自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社
保険料を安くする

-ワゴンBランク(要工夫), 軽自動車
-