シボレー キャプティバキャンパー

2019/08/30

captiva-camper1

キャプティバのメーカー公式・車中泊仕様車

シボレーのミッドサイズSUV「キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ キャンパー」。

7人が余裕で乗車できるキャプティバのメーカー公式・車中泊仕様車です。

大型ワゴン並みの荷室

荷室容量は2列目使用時で477リッター、2列目格納時は1577リッターです。

キャプティバキャンパー荷室 2列目格納時

キャプティバキャンパー荷室 2列目使用時

2列目シートを畳んだ時の荷室の形状は、少し傾斜がありますが、段差が小さくフラットな床となっています。

元々銀マットだけでもベッドメイクが出来る荷室ですが、専用に作られた車中泊用ベッド(特別装備)で更に快適になります。

captiva-camper2

助手席の背もたれも畳める

特筆すべきは助手席の背もたれも畳めるという点です。

キャプティバキャンパー 助手席格納時

もともとはロングボードのような長尺を積載できるように開発されたのでしょうが、これが車内でも2m級のキャンピングベッドが使えるようなメリットを出しています。

背の高い人でも余裕で寝られますね。

特別装備品

キャプティバキャンパー 車中泊

・専用小型キッチンシンク(ヘッドをのばせばシャワーとしても使用可能)
・テーブル&椅子セット(折り畳み式のローテーブルとスツール2脚のセット)
・ポータブル冷蔵庫(-18度まで冷やせる本格冷凍・冷蔵庫)
・車中泊用ベッド(10cm厚の高密度ウレタンフォーム)
・専用バックドア用テント(日よけ、雨よけや着替えに使用可能)
・専用サーモプロテクター(防寒、防熱対策)
・専用バックドア防虫ネット(優れた通気性を持ち、虫の侵入を防ぐ)
・シボレーのロゴ入りLEDランタン(ライトパターンは強・弱・点滅の3種類。)
・ETCユニット(パナソニック製音声案内タイプ。カーナビ連動)

ノーマル車との違いは特別装備品だけ

限定50台のCHEVROLET CAPTIVA CAMPER。この車のために仕立てたバックドア用テント、カスタムメイドの小型キッチンシンクやコンパクトなポータブル冷凍冷蔵庫。そして、快適な車中泊用ベッドや専用サーモプロテクターなど、盛りだくさんの特別装備品を網羅しました。

http://www.chevroletjapan.com/cars/captiva/captiva-camper.htmlより

基本的にキャプティバキャンパーとノーマルのキャプティバの違いは特別装備品だけのようです。

>>キャプティバの中古車を探す

今乗っている愛車を高く売るなら
一括査定がお勧めです

ディーラーに下取りに出したらビックリするほど安かった・・・。こんな経験はありませんか?今乗っている愛車を高く売るなら一括査定がお勧めです。

私も一括査定でノートの査定依頼をしてみましたが、高い店と安い店で査定頼が31万円も違いました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社から一括査定が受けられます。
申込にかかる時間も3分程度なので高額査定を出す買取店がすぐにわかります。

→かんたん車査定ガイドはこちら

保険見積もりサイトで自動車の保険料を安くする

自動車保険の更新を機に見直しを考える人は多いと思います。

保険料は保険会社によって異なりますから保険料を安くするためには見積もりを比較してみるのが一番です。

保険の窓口インズウェブでは最大20社の一括見積もりが受けられ、申込にかかる時間も5分程度です。

→自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社
保険料を安くする

-RV・SUV Aランク(合格)