トヨタ カローラフィールダー

2017/01/08

3代目フィールダーは長い荷室が特徴(2012年-)

2012年から販売している3代目フィールダー(E16#G型)は、前高の傾斜はあるものの最大長2025mmという長~い荷室空間が特徴。身長190cmの人間が足を伸ばして眠れるクルマは、このクラスではほとんど見かけない。

corollafielder2012a

E16#G型(2012年5月-)その1
corollafielder2013a
E16#G型(2012年5月-)その2
corollafielder2013b

2代目フィールダーの荷室長は短い(2006年-2012年)

長い荷室スペースは2012年5月11日以降に販売されたモデル(E16#G型)なので注意。

2012年5月10日以前の旧モデル(E14#G型)は全長が60mm長いものの荷室長が410mmほど短い(フルフラット時の最大長は1615mm)。
フロントシートを前に出せば大人でも足を伸ばせるので全然ダメってことはないけれど、傾斜もあるので色々と工夫が必要。

以下の3つの画像は2012年5月以前の旧モデル

カタログ
corollafielder2011c

E14#G型(2006年-2012年)その1
corollafielder2011a

E14#G型(2006年-2012年)その2
corollafielder2011b

→カローラフィールダーの中古車を探す

参考リンク
トヨタ アクアで車中泊!(山ノオト)
旧型フィールダーにて大人二人で寝ていたそうです。
toyota.jp公式 カローラフィールダー

-ワゴン, ワゴンBランク(要工夫)
-