レガシィ アウトバック

2017/01/08

outback25a

2009年から2014年まで販売された2代目アウトバック(BR系)

2代目アウトバックのボディーサイズは4790×1820×1605mm(全長×全幅×全高)
2003年から2009年まで販売された初代アウトバック(BP系)と比べて全長が45mm、全幅が50mm、全高が60mm大きくなっている。

後列シートを倒した時の荷室寸法は
奥行き:165cm程度(運転席後部までの長さは185cm)
幅:105cm(車輪ダンパー間の最狭部)~154.5cm
高さ:81.5cm(開口部は75cm)

荷室は完全フラットだけれど、後席シートを倒した時にシートクッションの厚みで若干の傾斜ができる。
難点はシートから天井までの高さがないこと。フラットシートの上で着替えたり座ってくつろぐのは難しい。
大人二人が横になるには問題ない広さがあるので、寝るだけなら十分快適。

2.5i
outback25i

package_pict04

大人2人までなら余裕。車中泊だけを考えるなら、後列シートを倒しても傾斜のできない旧エクストレイルの方が良さそう。

2014年~2016年に販売されている3代目アウトバック(BS系)

3代目アウトバックのボディーサイズは、4815×1840×1605mm(全長×全幅×全高)。
先代と比べて全長が40mm、全幅が20mm大きくなり、荷室容量も39L増えて559L+床下47Lになった。
荷室の奥行きは最大で193cmに長くなり、背の高い人でも十分に足を伸ばして寝られる。
後席シートを倒した時に若干の傾斜ができるのは先代と同じ。

legacyoutback-bs2
legacyoutback-bs1

→レガシィアウトバックの中古車を探す

参考サイト
レガシィ アウトバック公式
たまたま日記 アウトバック26000km
写真で見るスバル「レガシィツーリングワゴン」/「レガシィB4」/「アウトバック」

-RV・SUV, RV・SUV Aランク(合格)
-